貸会議室より効率的に

急に話し合いが必要になって、会議室が使いたくなっても、社内会議室がいっぱいになってしまって困ることがあります。貸会議室の場合、社内の様子を気にしなくていいですし、その状況に合わせて最適な貸会議室を選べるというメリットもあります。広さや立地条件で、研修や発表会を設定しやすいのも長所です。ケータリングの提携サービスや、機材の貸出制度などがあり、それらをオプションで設置をしてくれる業者もあるので、会議内容により集中しやすいというポイントもありますから、重宝している場合も多いでしょう。幹事の負担が減れば、より充実した時間になる可能性も高いです。

しかし、やはり社内での集まりの場合、社内会議室の重要性は非常に高いものです。なんと言っても社内にありますから、移動にかかる時間がありませんし、何かと都合がつけやすいポイントも多いです。資料の移動や人員のバランス調整など、貸会議室のような社外では、どうしても対応しにくいポイントも、社内会議室ならカバー出来ることが多いのです。

社内会議室を有効かつ効率よく利用するためには、システムを統一し、ルールを徹底することが大切です。そして社員がその規則を把握し、柔軟に対応出来れば、貸会議室でのメリットを更に上回ることが出来ます。社内会議の内容も深まるため,今後の事業にも影響が出る場面も増えるでしょう。

当サイトでは、社内会議室のメリットや、社内だからこそ徹底する必要があるルールやシステムを紹介していきます。

 

▽特集
社内会議室が無い場合はやはり貸会議室が便利でしょう・・・貸会議室 東京

予約システムの工夫

社内会議室は、貸会議室と違って、数に限りがあります。会社によって様々ではありますが、広さや設備面での違いもありますから、「この会議ではこの会議室を使用したい」と思っても、うまく予約がとれない場合も多いでしょう。早めに予約を取っておくのは手段のひとつとしては有効ですが、すべてが必ずしも事前に決まっているわけではありません。直前になって会議が必要・・・

清掃ルールを徹底する

社内会議室でより良い会議をするためには、清掃マニュアルを徹底することも重要なポイントです。貸会議室と違い、社内会議室は身近なことがメリットです。予定時間とズレてしまった場合でも、柔軟な対応がしやすいのもポイントのひとつでしょう。しかしその分、どうしてもルーズな部分が生まれてしまう可能性があります。使用した機材を出しっぱなしにしてしまったり、椅子や・・・